妊娠が発覚したらどうする?まずは産科で診察を受けよう!

子育て妊娠奮闘記

こんにちは、つげおです。

前回は妊娠発覚の翌日に妻が不正出血を起こしたところまで書きました。

今日は翌日に病院に行ったお話です。

出血から一夜明けて

気持ちよく爆睡していると妻のスマホが鳴り響きました。

目覚まし?と思い時間を確認すると早朝5:30です。

つげお

5時半に目覚ましなんてしたのかよ…眠いよ…

と、寝ぼけながら思っていると、なんと妻の母からの着信でした!

妻もうっすら目を開けて、寝ぼけながら電話に出ていました。

「その後調子はどうだ?」というような内容だったらしいですが、布団の中で寝ぼけているので正直分かりません(笑)

2人で速攻2度寝しました。

7時に起きて腹痛と出血を確認すると…特に問題なし!

出血は茶色いのがごく少量あったようです。

初めての診察は旦那も付き添ったほうがいい?

さて、この日は平日です。私は仕事があります。

が、やはり最初の診察だし、出血というアクシデントもあったのでついていくことにしました。

病院まで運転させるのも心配でしたしね。

調べてみると、今どきはけっこう旦那さんと妊婦検診に来る妊婦さんが増えているらしいですよ!

付き添うことのメリット

つわりなどで体調が悪いときの診察は、点滴や入院が必要になる場合もあり、夫が付き添うことで心の支えになります。

最近は妊婦健診に付き添いをする男性が増えているようです。

夫婦ふたりの子どものことですから、夫も先生の話を一緒に聞くのがいいですよね。

超音波で赤ちゃんの心臓を確認したり、顔の輪郭を見たり性別を知ったりできます。

夫はお腹の中にいる子どもの成長を直に感じ辛いですが、妊婦健診に付き添うことで我が子の成長を実感できるのではないでしょうか。

ただ、仕事も大事ですので付き添いは毎回でなくても良いかもしれませんね。

付き添いで気をつけたほうがいいこと

受付から離れた席に座る

産婦人科を受診する女性は受付で症状を説明したり質問に答えます。男性には聞かれたくない、かなりプライベートな内容が多いので、男性が近くにいると話しづらくなります。

混雑時は席を譲る

妊婦さんや体調の悪そうな患者さんが立って待っているのに、席を占領している男性はみっともないです。

ほとんどがスマホに夢中で、待合室の混雑に気がついていない状況が多いです。

「席を譲る」と意識していても、ゲームやスマホに夢中になっていれば気がつきません。

しっかりと周囲に気を配るようにしましょう。

夫の体調が悪いときは付き添いをやめる

妊娠中の女性は心身ともにデリケートです。

せきや鼻をすする音に敏感に反応します。

「あれ?風邪ひいたかな?」と思ったら、家で休むようにしましょう。

妊婦さんは薬を飲むことができないので、風邪をうつしてしまったら大変です。

においに気をつける

煙草や香水のにおいでつわりが酷くなる人もいます。

病院に来る前に煙草を吸わない、香水のつけすぎ(そもそもつけない)ようにしてくださいね。

そういえば妻の母も心配だから一緒に病院に来ると朝の電話で言っていたそうです。

実の娘の初産だし、なんせ初孫になりますからね、心配なんでしょう。

スポンサーリンク

初診は何をするの?

初診の場合はまず問診票を渡されるので、記入できる箇所を記入していきましょう。

問診票に記載するのは身体情報や体調・生活習慣などです。

その後、尿検査があるのでトイレで採尿します。

これらが終わってからようやく診察です。

診察と超音波エコーがあるので妊婦さんのみ診察室に入室してください。

このとき付き添いの人は待合室で待機しているようにしてください。

診察が終わったら妊婦さんも待合室に戻ってきて待機です。そのあとに診察結果を先生に教えてもらうのに再度診察室に呼ばれます。

旦那さんはこの時だけ診察室に入室しましょう。

超音波検査の結果は

診察室に呼ばれ、超音波検査の結果をよくあるフィルムで見せられます。

確認したところ、胎嚢が確認できました。

※胎嚢とは、子宮の中で赤ちゃんの素(胎芽)を包んでいる袋のことをいいます

胎嚢が子宮の外に確認されると「子宮外妊娠」と診断されます。

ひとまず正常に子宮内で胎嚢ができていたので一安心です。

しかし、心臓がまだできていませんでした。

心臓ができれば心拍確認ができ、一気に流産の危険性が減るようです。

このとき妻は5週目だったようで、まだちょっと来院が早かったようですね。

調べてみるとやはりちょっと早かったです。

一般的に心拍が確認できるのは妊娠5週目後半からと言われています。個人差はありますが、平均的には妊娠7週目頃までに心拍が確認できます。心拍の確認にはエコーを使います。心拍が確認できるとエコー画像の動画で赤ちゃんの心拍を聞くこともできます。

妊娠7週目以降にまだ心拍が確認できない場合、流産の可能性も考えられます。ですが、予想していた時期よりも排卵が遅れていた場合などは実際の妊娠週数がずれてしまい、その後心拍が確認できるという可能性もあります。

また、稀にですが誤診ということもあるそうです。もし、気になる場合は別の産婦人科で1度みてもらうとよいでしょう。

COZREより引用

先生には、また来週来院するようにと言われて診察終了です。

けっこう混んでましたが、1時間30分ほどかかりました。

出血はありましたが、ひとまず子宮で胎嚢の確認ができたので一安心といったところでしょうか。

心拍確認がまだなのでまだまだ安心できない状況ではあるんですけれどね。

まとめ

旦那さんの妊婦検診付き添いは絶対にするべきです!

初めての妊娠なら特に旦那さんは付き添ってあげましょう!

毎回行く必要はないですが、1度は付き添ってあげると妻から信頼されるんじゃないでしょうか?

出産・子育ては女性だけがするものではありませんからね!

夫婦力を合わせて子育て頑張っていきましょう!!