パナソニックのボディトリマーがけつ毛処理にマジでおすすめな3つの理由

ライフハック

パナソニックボディトリマー一式

【注意】本記事はコンテンツに汚い表現を含みます

毛深いマン

最近けつ毛がモサモサ生えてきたなー。
すね毛も腕毛も胸毛も脇毛もモッサモサ。
ムダ毛処理めんどくせーなー。

こんなお悩みを抱えていませんか?

男性の中でも毛深い人は、信じられない場所に信じられないほど毛が生えてきますよね。

メンズエステで脱毛したら高いし、カミソリで剃ったらヒリヒリ・チクチクするし。

私もけっこう体毛が濃い方なので、ムダ毛には悩んできました。

ところがパナソニックのボディトリマーを使ったところ、これらの悩みが全て吹き飛びました!

この素晴らしい体験と商品をムダ毛処理に悩むあなたにも共有したかったので、熱量を込めて記事にしました!

本記事の内容

1. パナソニックのボディトリマーがけつ毛処理にマジで良い3つの理由
2. けつ毛以外にもパナソニックボディトリマーのすごいとこさらに3つ
3. パナソニックボディトリマーの気になるデメリット2つ
4. パナソニックのボディトリマーは他製品と比べてどこが凄いの?
5. パナソニックのボディトリマーを使うとどんな場面で役立つの?
6. パナソニックのボディトリマーの値段は?
7. 結局パナソニックのボディトリマーは『買い』なの?

ムダ毛処理に悩んでいるあなた、是非私の体験を役立ててくださいね。

きっとムダ毛のストレスから開放されますよ!

パナソニックのボディトリマーがけつ毛処理にマジで良い3つの理由

パナソニックのボディトリマーを購入しようと思ったのは、主にけつ毛を手軽に剃りたいと思ったからです。

実際に風呂場でけつ毛を剃った時に感じたマジで良いと思ったことを紹介していきます。

防水だからお風呂で剃れる

パナソニックのボディトリマーは防水なので、お風呂で使えます。

シャワーを浴びる前にけつ毛を剃り、剃られた毛はシャワーで排水溝に流すだけなので掃除が楽ちん!

防水なので体に泡をつけて滑りをよくすることもできますね。

※シャワーで毛を濡らすと毛がペタッと肌にくっついて剃りづらいので、濡らさず剃るのをおすすめします

本体や刃を洗う時も、流水でジャバジャバ洗えるので便利ですよ〜。

パナソニックボディトリマーは流水で洗っても大丈夫

毛を剃った後にチクチクしない

パナソニックのボディトリマーでけつ毛を剃る前、何度か髭剃り用のカミソリでけつ毛を剃ったことがあります。

根元からすっぱり剃るのでツルツルになるんですが、次の日になると新たにけつ毛が生えてきて、けつがチクチクして気になるんですよね。

パナソニックのボディトリマーは根元から数ミリ残して剃ることができるので、チクチク感が激減されます。

専用アタッチメントで肌を傷つけずに毛を剃れる

これまた髭剃り用のカミソリでけつ毛を剃ったときのことですが、カミソリだと根元から剃るから肌が傷つくんですよね。

剃った後にちょっとヒリヒリすることもよくありました。

パナソニックのボディトリマーには標準のアタッチメントがついており、2mm残して剃ることができます。

パナソニックボディトリマーの肌ガードアタッチメント

この2mmが超大事で、肌に刃が当たらないから傷つかないんです。

だからといって毛のチクチク感が残る訳でもなく、とてもすっきりさっぱりした気分になりました。

けつ毛以外にもパナソニックボディトリマーのすごいとこさらに3つ

先ほどはけつ毛を剃ったときの感想でしたが、次はそれ以外のおすすめポイントを紹介していきます。

充電時間が早い

パナソニックのボディトリマーの最新版(ER-GK81)は、従来のものよりも充電時間が大幅に短縮されています。

1つ前のモデルのER-GK70は、8時間の充電で連続40分使用可能です。

対して、ER-GK81は1時間の充電で50分の連続仕様が可能となっています。

いざ使いたいときに充電がなかった!という時でも、ちょっと待てば1回使えるくらいは充電してくれますよ。

スタイリッシュでかっこいい

パナソニックのボディトリマーは、黒を基調としたスタイリッシュなデザインです。

パナソニックボディトリマー

また、髭剃りやカミソリでよくあるT字じゃないのもいいですよね。

まぁ見た目の話をしましたが、実際T字じゃないとけつの割れ目とかシワの寄ってるところも剃りやすいで便利ですよ。

アタッチメントで長さを細かく調整できる

パナソニックのボディトリマーには、最初に紹介した2mmのアタッチメント以外に、長さ調節アタッチメントもついてきます。

これはカミソリ部分にはめてダイヤルを回せば、毛を3mm〜12mm残して剃ることができるようになるものです。

やっぱり毛の生える場所によって長さは変えたいじゃないですか。

男なのにすね毛とか脇毛がツルッツルだったらキモいですよね。

逆にモジャモジャだともっとキモいですけど。

長さの調整はダイヤルを回すだけなので超簡単ですよ。

パナソニックボディトリマーの気になるデメリット2つ

ここまでパナソニックボディトリマーの良いところばっかり紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

実際に使ってわかったデメリットを紹介していきますね。

毎回の注油がめんどくさい

パナソニックのボディトリマーは、刃の部分を取り外すことができます。

外したら刃の所定の位置(5箇所)に専用の油をさす必要があるのですが、使用前と使用後にやらないとなのでめんどくさい!

油をささなくても使うことはできますが、製品を長持ちさせるために頑張りましょう。

本体が大きいので細かいところは剃りづらい

パナソニックのボディトリマーは、そこそこ長さ(約20cm)があります。

一度眉毛を整えてみようとパナソニックボディトリマーを使ったら、危うくまつ毛まで剃ってしまうところでした。

体の部分は問題なく剃れるのでいいんですが、顔なんか細かい部分はあまり向いていませんね。

パナソニックのボディトリマーは他社製品と比べてどこが凄いの?

ボディトリマーを出している大手2社の製品を比較してみました。
※ブラウンも調べたところ、2012年に出した製品が最後で、現在は生産終了になっています

ぱっと見でわかるように比較表にしたので、確認してみてくださいね。

パナソニックフィリップス
見た目
価格¥8,564(Amazon)¥8,364(Amazon)
特徴肌ガードアタッチメント
長さ調節アタッチメント
上下のデュアルヘッド
充電時間約1時間約1時間
連続使用時間約50分約80分
防水
口コミAmazonの口コミAmazonの口コミ

値段もスペックも大差ないですね。

これだと使いやすさで決めた方がいいので、利用者の口コミをチェックして判断しましょう。

パナソニックのボディトリマーを使うとどんな場面で役立つの?

パナソニックのボディトリマーをつかうことで、未来がとても快適になりますよ(汚い話が多いですが)。

順番に解説していきますね。

チン毛が包茎に挟まらない

いきなり下ネタですみません。

仮性包茎の人なら分かると思いますが、チン毛が長いと、皮と亀頭の間に入り込んで引っ張られて痛いんですよね。

かっこつけて剥かなければ挟まらないですが、やっぱり剥いてた方が蒸れないし良いじゃないですか。

パナソニックのボディトリマーを使えば、この憎たらしいチン毛をばっさりカットできるので挟まりません。

長さもアタッチメントで揃えられるので、適度な長さで整えられますよ。

チン毛が整っていたら、SEXのときも女性から好感を得らること間違いなし!

けつ毛にうんこがつかない

これまた下ネタ申し訳ありません。

しかし、困っている人は困っているんです。

けつ毛が長いと、うんこした時とお尻を拭く時に、100%けつ毛にうんこがくっつきます。

出来る限り拭き取るようにしますが、毛が絡み合っていたらなかなかきれいに拭き取るのは難しいですよね。

ウォシュレットが付いる便器なら水洗いできて清潔ですが、付いていないトイレも多々あります。

そんなとき、パナソニックのボディトリマーでけつ毛を剃っておけば、うんこがつかないので清潔です。

ワキが蒸れて臭くなるのを防止できる

緊張すると脇汗かきますよね、夏場の暑い時もそうです。

脇汗ってほっとくと臭うんですが、脇毛モジャモジャの人は蒸れが加速してさらに臭くなります。

パナソニックのボディトリマーで脇毛をすっきりさせれば、風通しが良くなってワキが蒸れなくなりますよ。

スポーツのユニフォームとかで脇出すときも、気持ち悪さがかなり軽減されますね。

ハサミやカミソリで肌を切る心配がない

パナソニックのボディトリマーを買う前は、チン毛と金玉(玉袋)毛をハサミで切っていました(カミソリだと怖いからね)。

でも体勢的に切りづらいし、目視できない箇所に毛が生えていることもあり、何度かハサミで皮膚を切って出血したことがあります。

また、安いカミソリで体毛を剃ろうとすると、高確率で肌を切っちゃうんですよね。

パナソニックのボディトリマーには、肌ガードアタッチメントがあるので、肌を切る心配なく安全に毛を剃ることができます。

ヘソ毛(ギャランドゥ)や胸毛の気持ち悪さが軽減される

女性の多くは、ヘソ毛(ギャランドゥ)や胸毛を気持ち悪い、生理的に受け付けないと感じます。

プールとか温泉行くと、たまにびっくりするくらい毛深い人とかいますよね。

全剃りまでいかなくとも、パナソニックのボディトリマーに長さ調節アタッチメントをつけて剃れば、見た目はかなりマシになりますよ。

カミソリでツルツルにするのとは違い、何ミリか残せるので自然な仕上がりになります。

これで周りの目を気にせずにプールや温泉に行けますね。

結局パナソニックのボディトリマーは『買い』なの?

体毛で少しでも悩んでいるなら絶対に『買い』です。

1万円の投資で体毛のストレスから開放されるので、かなりコスパいいなと感じました。

永久脱毛とか考えていないなら、間違いなく買っておいて損はない商品でしたね。

さらに、パナソニックのメーカー保証1年がついています。

パナソニックボディトリマーの保証書

万が一壊れてしまっても、1年いないなら無償で交換・修理してもらえますよ。

パナソニックのボディトリマーはホントに凄いから買う価値あり

ここまで読んでくれた方なら理解できたと思いますが、パナソニックのボディトリマーは本当に買って良かったです。

今はムダ毛のストレスから開放されて気分爽快!って感じですよ。